長野県山ノ内町渋温泉の宿泊施設は、従業員の2人が「新型コロナウイルス」に感染したことを公表しました。

山ノ内町の温泉旅館「古久屋」によりますと、従業員2人は、県が22日に感染を発表した北信保健所管内の20代女性の2人だということです。

県によりますと2人は、今月8日、すでに感染が確認されていた20代女性らと会食をしていました。旅館によりますと、8日以降、5組10人が宿泊していましたが、2人は接客はしていないということです。また、他の従業員については、15日から自宅待機させています。

旅館は、「利用者や近隣住民の安心・安全のため、また、観光地の渋温泉街で感染拡大させてはイメージ低下につながる」として公表したと話しています。

旅館は、従業員の感染が判明する前の16日から自主休業していました。今後は、保健所の指導の下、全館内を消毒し、スタッフの衛生管理を徹底したいとしています。