ウクライナ南東部マリウポリで、ロシア軍と徹底抗戦しているウクライナ軍の部隊が、製鉄所内で戦っている地上戦の様子を公開した。

13日未明に公開された動画では、ウクライナのアゾフ大隊の兵士が、銃を撃ちながら前に突撃していく様子が映っている。

アゾフ大隊は、「多くの負傷者を抱え、弾薬不足など極めて困難な状況の中でも、ロシア軍を撃退し続けている」と主張した。

ロシア軍は、製鉄所への激しい砲撃を続けていて、アゾフ大隊は、ロシアは地下の病院を狙って攻撃していると批判している。

親ロシア派の幹部は、製鉄所で、ウクライナ側が食料や弾薬を中に補充するチャンスはないとしたうえで、残っている兵士は武器を捨てて捕虜になるか、せん滅されることになると話した。