ロータリークラブ会員の会社経営者ら4人 強制わいせつの疑いで逮捕 別荘に集まり女性2人に対して

ロータリークラブ会員の会社経営者ら4人 強制わいせつの疑いで逮捕 別荘に集まり女性2人に対して


神戸市灘区の別荘で20代の女性2人に対しわいせつな行為をしたとして、明石ロータリークラブ会員の会社役員など4人の男が逮捕されました。

強制わいせつの疑いで12日、兵庫県警に逮捕されたのは、不動産賃貸業を営む成田晴義容疑者(71)と会社役員の大森誠司容疑者(61)、西海正隆容疑者(62)、安福元則容疑者(45)の4人です。

警察によると、4人は去年9月、20代の女性2人に対して神戸市灘区の別荘でわいせつな行為をした疑いが持たれています。

捜査関係者によると、4人は明石ロータリークラブの会員で、事件当日はロータリークラブのメンバーで別荘に集まって食事をしていて、被害者の女性は接客のために呼ばれたということです。

兵庫県は当時新型コロナウイルスの蔓延による緊急事態宣言中でした。

女性2人はけがはなく、翌日に警察に被害届を出していたということです。

警察は4人の認否を明らかにしておらず、余罪についても調べる方針です。

関西テレビ
関西テレビ
メディア
記事 352
兵庫県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×