山梨県道志村の山中で見つかった頭の骨の一部が、ミトコンドリアDNAの鑑定の結果、近くのキャンプ場で3年前に行方不明になった小倉美咲さんの母親と血縁関係があるとして矛盾がないことが分かった。

美咲さんの母親のとも子さんは先ほど、ホームページに心境をつづった。以下全文。

本日警察から、道志村で見つかった頭蓋骨の一部について、ミトコンドリア型DNA鑑定の結果、私と血縁関係があるとして矛盾はないという結果が出たという報告を受けました。

明日、5月13日は美咲の10歳の誕生日であり、母親としては1年で一番一緒に過ごしてあげたい日です。その前日に今回のような鑑定の結果が出て、言葉にならない想いです。

報道にもありますが、ミトコンドリア型鑑定は母系の血縁関係を確認するものであり、今回の結果は私との血縁関係があるとしています。美咲の姉、私の母、母の姉妹、祖母、祖母の姉妹、曾祖母等の母系遺伝子でずっと続いていくものです。現段階で美咲個人と断定された訳ではないと警察の方からもお聞きしています。

娘が行方不明になってから、娘の無事を信じ励ましてくださる皆様の言葉、お気持ちが本当に支えになっています。その言葉に対して「無責任」「現実を見せるべき」等のコメントが寄せられているのを目にしていますが、そんな事はありません。

今回、美咲本人と警察から断定された訳ではないので、私は美咲が無事に戻ってくると信じている気持ちに変わりはありません。

新しい報道がある度、悲しみが増しすごく苦しいですが、今もどこかで一人で戦っている美咲の気持ちを考えたら私の悲しみや苦しみなんて比べものになりません。美咲の笑顔の写真や動画を見る度に美咲と過ごした日々をまた取り戻したいという気持ちになっています。

この数週間の間の私の取材対応やSNS発信について様々なご意見を頂いております。ニュースやSNSでは時間や文字数の関係で伝えきれない言葉もあり、誤解を生じたり、適切でない表現になってしまったこともあったかもしれません。この2年7ヶ月娘の無事だけを信じて考えてきました。今回、急な展開の連続で精神的にも余裕もない中での発言だという事、どうかご理解いただけましたら幸いです。

連日の捜索で新たな人骨も発見されており、そちらも鑑定が進められていると聞いています。今はこちらの鑑定の結果を信じ祈りながら待ちます。

22年05月12日
美咲の母 小倉とも子

社会部
社会部
記事 621