宮崎県競技力向上対策本部と県スポーツ協会は、3年ぶりに開かれる国民体育大会に向けて競技団体などに対し強化指定証を交付しました。

交付式には、カヌーやウエイトリフティングなど競技関係者およそ100人が参加。
指定証が交付されたあと、陸上競技・成年女子の清山ちさとさんが決意表明を行いました。
(清山ちさと選手}
「国民体育大会を通じ県民の皆様に夢と感動を与え、スポーツの振興文化の発展に寄与する事が出来るよう県民の代表として日々精進する事をお誓い申し上げます。」

指定された競技団体や個人は、強化費のほか、公共施設を使用する場合に優遇措置が受けられることになっています。

テレビ宮崎
テレビ宮崎
記事 241