細田衆議院議長が「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」などと発言したことについて、野党から批判の声が相次いでいる。

細田議長は10日、自民党議員のパーティーでのあいさつで、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」と述べたほか、「月給で手取り100万未満であるような議員を多少増やしたって罰は当たらない」などと国会議員の定数増を主張した。

この細田議長の発言に対し、野党から批判の声が相次いでいる。

立憲民主党・馬淵国会対策委員長は、「議長の質も含めて、私は大きな問題があるというふうに思っておりますので、厳しく、このことについて抗議をしてまいらねばならない」と述べた。

また、立憲民主党の小川政調会長も、「議員に対して厳しい目が注がれている中で、極めて不適切な発言だ」と批判した。

政治部
政治部
記事 834