ウクライナへの日本政府による食料支援として、パックご飯などを載せたチャーター便が11日夜、羽田空港を出発した。

日本政府がウクライナに送る食料品は、パックご飯やさば缶など、あわせておよそ15トン。

武部農林水産副大臣が、ドイツで開催されるG7(主要7カ国)の農業大臣会合に出席する前に、ポーランドで引き渡す予定。

出発に先立ち、ウクライナのコルスンスキー駐日大使は武部副大臣を表敬訪問し、「(すべての支援物資を)即時ウクライナ国内に輸送して、困っている人に渡るように全力を尽くす」と述べた。

日本政府による直接の食料支援は、今回が初めて。