花巻のいいものを世界中に届けて全員ハッピーに! 地元密着貫くヒップホップグループの絆<岩手・花巻市>

花巻のいいものを世界中に届けて全員ハッピーに! 地元密着貫くヒップホップグループの絆<岩手・花巻市>

ひと目見たら忘れない個性的な衣装を身に着け、岩手県花巻市で活動を続けるヒップホップグループ「BIG-RE-MAN(ビックリマン)」。
音楽イベントの中止など、逆風となったコロナ禍で新たな活路を見出し、地元密着のスタイルを貫くメンバーには強い絆があった。

花巻市のヒップホップグループ「BIG-RE-MAN(ビックリマン)」。
メンバーは、巧みな言葉選びに定評がある「カンダタ」、即興のラップを得意とする「エビス」、歌って踊れるラッパー「カタスカシ」、曲作りを担当するDJの「ポンズールー」、ライブの盛り上げ役・シャウターの「テンディー」。
花巻生まれ、花巻育ち、2022年で38歳を迎える元・同級生の5人組。
コロナ禍を機に、活動の形を変えてパフォーマンスを続けてきた注目のアーティストだ。

グループの最大の特徴は、MC陣の強烈なキャラクター。
週に一度、メンバーの家で行われる打ち合わせでも、身に着けているのは手作りだというライブ用の衣装。この個性的な格好には信念がある。

カタスカシさん
「『何がおかしいの』というスタンス」

エビスさん
「かっこつけ始めたら、それはかっこ悪い」

これまで100曲以上をリリースし、実績を重ねてきた「BIG-RE-MAN(ビックリマン)」。結成18年、苦労もしたという。

カンダタさん
「後輩が自分たちの成人式にライブのオファーしてくれたことがあった。自分たちを全く知らない人の前でライブしている時はつらかった。お門違いってこういうことなんだなって」

アーティストとして油が乗ってきた矢先、活動に影響を及ぼしたのが新型コロナウイルスだった。

エビスさん
「月に3回くらいはライブをしていた。それがぱったりと無くなって…」

パフォーマンスの場を失いつつあった2年前、転機が訪れる。
コミュニティエフエム「ラヂオもりおか」からのオファーで、番組を受け持つことになった。

この日、友人をゲストに招いて行っていたのは107回目となる番組の収録。
毎週木曜日の30分番組、他愛のない話題を掘り下げる、筋書きのない構成が魅力だ。
インターネットでも配信されるラジオ番組は、新曲などグループの情報を発信し続けるツールとなったうえ、メンバーの絆を深めたという。

カンダタさん
「仕事と家庭の行き来だけなら、もっと窮屈な思いをしていたかもしれない。定期的に会うことで、ぶれないでいられた」

この日番組内では、花巻の思い出の場所を歌詞に散りばめた新曲の収録が行われた。
曲名は鍛錬を意味する「ビルドアップ」。
地元に拠点を置き続ける5人が、コロナ禍の花巻を音楽で元気づける。

テンディーさん
「ふざけているけど真剣。それはそれで自分たちのやりたいことは伝わっているんじゃないかと思う」

ポンズールーさん
「他(の場所)に行くことを基本的に考えたことがない。地元を盛り上げたい一心でやっている」

こうした5人のポリシーを高く評価する人物がいる。
盛岡と東京に拠点を置く、世界的音楽レーベル「JAZZY SPORT」のDJ CHOKUさんだ。
共演してきた音楽イベントを通して、グループ結成当初から5人を見つめてきた。

JAZZY SPORT DJ CHOKUさん
「最初から何も変わっていないから、成長もしてないだろうなという感じ。ヒップホップは地元代表という意識を大事にするカルチャー。忠実にヒップホップを表現する形が、花巻を日本中に知らしめる活動に結びつくモチベーションだと思う」

4月の大型連休初日、友人らの協力のもと、手作りでプロモーションビデオの撮影を行う5人の姿が野球場にあった。
ロケ地はもちろん花巻市内。
全員、野球経験はほぼないが、やったことがないことでもひたむきに取り組む大切さを表現したかったという。
それぞれの表情から、メンバーの仲の良さが滲み出ている。

エビスさん
「毎日欠かさずメンバーを思っている。『何してるかな』と思うと心がほっとするので」

これからも地元・花巻からスタイルを貫いた音楽とラジオを発信する「BIG-RE-MAN(ビックリマン)」。
彼らが描く未来像とは…。

エビスさん
「70歳・80歳・90歳まで続けていれば、もっと面白いものを提供できると思う。たぶん歯が数本ないと思うので、それを生かしたラップをしていると思う。花巻のいいものを世界中に届けて、全員ハッピーになれればいいと思う」

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ
メディア
記事 548
岩手県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×