人新世(ひとしんせい)。人間によって環境破壊、気候変動が進む現代を表す言葉です。北海道の若者とともに気候変動を考えます。今回は、気候変動の行動を求める15歳の「たったひとりのストライキ」。

 北海道十勝地方・幕別町に住む15歳、角谷樹環(かどや・こだま)さん。たった一人で帯広駅前に立ちました。

 角谷 樹環さん:「気候変動のために活動している人がいるということを伝えたい」

 温暖化などへの対策を求め、世界の若者がこうした活動を始めています。

 「学校ストライキ」と呼ばれます。

 大切な人の未来のために、立ち上がった少女の旅路。

 幕別町に住む15歳、角谷樹環さん。環境のため家族は電気を極力使わない暮らしをしています。

 気候変動に関心を持ったのは小学生の時。カナダ人の少女の訴えを目にしたことがきっかけです。

 角谷 樹環さん:「ここがすごく印象に残っていて、(環境が破壊されたら)"永遠に戻ってこない"というのが、絶対に戻らないというのは怖いなと思いました」

 温暖化などの気候変動で世界では大規模な山火事や干ばつ、氷河が溶けて海面が上昇するなどの影響が出ています。

 角谷さんは2021年9月、気候変動対策を求める団体に参加。10月の衆院選では候補者に温暖化対策を訴えました。

 角谷 樹環さん:「私たちは気候変動で死にたくはありません。しかし、そのことを政治に反映することができず、このままでは気候変動によって誰か、あるいは自分たちが死ぬことを見ることになります。みなさんには、そのようなことにならないようにする責任があるはずです」

 世界の若者たちも声を上げ始めています。角谷さんと同じ15歳で学校ストライキを始めたスウェーデンのグレタ・トゥーンベリさん。国連で対策を怠っている大人に対し怒りをあらわにしました。

 グレタ・トゥーンベリさん:「私たちは人類絶滅の入り口にたっているのです。あなたたちが話すのはお金のことばかり。どうやって経済を発展させるかというおとぎ話。恥を知りなさい」

 2020年に出版され、45万部のヒットとなっている斎藤幸平さんの『人新世の「資本論」』。

 気候変動を止めるためにも、経済成長を追い求めるのをやめるべきだと訴えます。

 斎藤 幸平さん:「私達は経済成長を続けていくことこそが、豊かさや社会の繁栄にとっての基本的な、あるいは絶対的な前提であると考えてきたし、考えるだけの理由もあった。ところが、今そうした経済成長が深刻な格差や気候危機というものを引き起こしている。私達も日常の生活において変化を起こしたかというと、マイボトルやマイバッグをちょっと持っただけで、満足してしまっている可能性がある」

 角谷さんは2022年4月、札幌の専門家を訪れました。ここでは道内の気候変動や環境への影響を調べています。

 北海道の未来図は?

 角谷 樹環さん:「地球温暖化対策が不十分で進んでしまった場合、道内ではどんな影響がありますか?」

 北海道立総合研究機構 鈴木 啓明さん:「大雪や短時間にまとまった雪は、場所によっては増える予測が出ています」

 2022年、札幌市を中心に見舞われた災害級の大雪。こうした10年に1度の「ドカ雪」は温暖化で大気中の水蒸気が増えるため、内陸部を中心に増えると予想されます。

 一方、シーズンを通しての降雪量は最も温暖化が進んだ場合、沿岸部を中心に約4割減ると予測されます。冬の観光への影響が懸念されます。

 そして、災害の規模も大きくなりそうです。角谷さんの住む地域を流れる十勝川流域では大雨による浸水面積が40%増えます。

 最悪の場合の死者は2.3倍にも増えると予想されています。

 角谷 樹環さん:「気温上昇を1.5℃以内にするためにはどんな対策が必要ですか?」

 北海道立総合研究機構 鈴木 啓明さん:「(北海道の温室ガス排出量は)家庭生活の割合がかなり高くなっています。冬の暖房消費量が多く、北海道は広いので物流の移動量も多い」

 多くのエネルギーを消費する暮らしを見直す必要があります。残された時間は多くありません。

 Q.角谷さんへのメッセージは?

 北海道立総合研究機構 鈴木 啓明さん:「こうした活動を続けていくときに、いろいろな考え方の人がいて、証拠が求められることも出てくると思うので、学校の勉強も含めてしっかりすることで、より説得力のある伝え方ができるのではないかと思っています」

 角谷 樹環さん:「しっかり勉強して私たちの立場から伝えないといけないと強く思いました。私はいままで感情面を強く出してしまうことが多かったので、事実をちゃんと伝えていきたいなと感じました」

 2日後、角谷さんは帯広駅前に1人で立ちました。勉強すること、そして行動することが必要だと感じています。

 角谷 樹環さん:「気候変動のために、活動している人がいるということを伝えたい。少しでも気候変動に関心を持ってくれたり、ちょっと調べてみようと思ってくれる人がいたりしたらいいなと思いました」

 4月、帯広市内の高校に入学しました。活動はこれからも続けます。

 角谷 樹環さん:「テレビの中の世界だけではなく、本当にリアルで起こっていることを知ってほしい。時間がないということも…」

 自分たちのために、次の世代のために、子どもたちは確かに歩き始めています。

北海道文化放送
北海道文化放送

北海道の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 1055