れいわ新選組の山本太郎代表が、熊本市で街頭演説を行い、消費税の廃止や最低賃金の引き上げなどを訴えました。

【れいわ新選組 山本太郎代表】
「あなたの社会保障のほんの一部とあなたの老後にほとんど関係のない消費税をみんなのためだといって搾り取り組織票や企業献金をくれる人たちにご恩返しをし続けている財源なんですね。この消費税はやめなければならない。それが私たちの考え。今回の参院選でも同じです」

この夏の参議院選挙に向け全国各地で遊説を行っているれいわ新選組の山本太郎代表。

7日は熊本市中央区の上通アーケード近くで聴衆からの質問に答える形で行う『街頭記者会見』を開きました。

山本代表は、熊本の最低賃金が全国的に低い水準であることにふれ、「中小企業に
国が補助金を出して最低賃金を全国一律1500円に引き上げる。

これによって日本全国どこでも同じ水準の暮らしができ、地方創生が進む」と訴えました。

テレビ熊本
テレビ熊本
記事 407