市役所の車30台が被害に 75歳男の動機とは

今年2月、東京・多摩市役所で公用車15台の窓ガラスが割られる事件が発生。ある車のフロントガラスには蜘蛛の巣状のヒビが広がり、また別の車には何かがめり込んだような跡が残されていた。

今年2月、多摩市役所の車が損壊される事件が起きた。
この記事の画像(21枚)

実は、ゴールデンウィークが始まったばかりの4月末にも、同じように、公用車15台のガラスが割られるなどしたという。合わせて30台が被害に。一体、誰の仕業で、目的は何だったのか・・・。

今年4月末にも、同じように市役所の車のガラスが割られていた。

5月3日、器物損壊の疑いで逮捕されたのは、無職の山中共治容疑者(75)。2月12日未明、多摩市役所の駐車場にとめてあった公用車15台のフロントガラスを割るなどした疑いがもたれている。

調べに対して山中容疑者は「多摩市役所の車両を壊したことに間違いありません」と供述。4月末の被害についても、山中容疑者の犯行とみられている。動機は、市の職員に対する「仕返し」だったという。

逮捕された山中共治容疑者(75)(6日 多摩中央署)

生活保護受給者の男 ”引っ越し”を拒否

取材によると、山中容疑者が、多摩市で暮らし始めたのは2005年。4年後には、病気を患い、生活保護を受給するようになった。受け取っていたのは13万円余り(生活扶助7万8000円、住宅扶助5万3000円)。これに対して、当時、住んでいたアパートの家賃は6万8000円だった。

多摩市の担当者は、山中容疑者に対して、家賃の安いアパートに引っ越すよう進言していたそうだ。しかし山中容疑者は「狭いところは嫌だ。住み慣れたので出て行きたくない」などと、なかなか聞き入れなかったとのこと。

山中容疑者は、引っ越しをめぐって、多摩市とトラブルに。

案の定、山中容疑者は、アパートの更新料が払えなくなり、去年2月、ついに引っ越しを決意。多摩市では、荷物が多かったため、清掃業者を手配したという。翌3月になって、部屋を引き払うための作業が、2日間に渡って行われたそうだ。

「時計が捨てられた」 転居先でも近隣トラブルに

引っ越しに際しては、必要なもの・捨てるものを、事前に仕分けしておく段取りになっていたとのこと。ところが、引っ越し作業が行われた2日目の夕方、山中容疑者が、突然、「時計が入ったボックスが捨てられている」などとクレームをつけ始めたそうだ。

多摩市では、業者との間で、直接、話し合いの場を設けたが、山中容疑者は納得せず。5月には、市長に対して、山中容疑者の名前で、「市当局の犯罪だ。回答なくば次のステージに進むことになる」などと書かれた手紙が届いたという。

山中容疑者は、転居先でも、家賃滞納、ごみ放置などでトラブルになっていた(6日 東京・多摩市)

さらに、転居先のアパートでも、去年8月から、家賃を滞納するようになったという山中容疑者。周囲を取材すると、その評判も悪かった。ゴミの放置などの迷惑行為を繰り返し、注意をすると、”逆ギレ”して怒鳴り返してきたという。

1回目は金づち 2回目はナタ

そんな中、今年2月、1回目の”車襲撃”が起きた。犯行に使われたのはホームセンターで購入した金づち。市役所の公用車15台がボコボコになるはずだったが、車のガラスは頑丈だった。容疑者が思ったようには割れなかったそうだ。

1回目は、金づちを使って、車を損壊。窓ガラスは、一部しか割れていなかった。(今年2月 多摩市役所)

そこで、4月末の2回目の”車襲撃”では、本人の供述によると、「より威力の大きいオノを購入して使用した」という。この金づちとオノは、いずれも自宅の家宅捜索で押収されている。2月に車15台、4月末にも15台を損壊したとされる山中容疑者。

2回目の車損壊にはナタが使われた。車のガラスはキレイに割られていた(4月30 多摩市役所)

逮捕容疑となった1回目の車の修理費用は、合わせておよそ180万円にのぼった。多摩市の櫻田芳恵総務契約課長は「車の修理は市民の税金を使って対応することになるので大変遺憾に思っている。ただ、市民に危害がなかったことだけは幸いだと思う」と話している。

警視庁多摩中央署の調べ対して山中容疑者は、「自分の財産を持って行かれた不満から、仕返ししてやろうと思い、多摩市の車を狙ってガラスを割った」と供述している。

調べに対して山中容疑者は「仕返しだった」と供述している。

(フジテレビ社会部・警視庁担当 石田真美)

社会部
社会部
記事 616
石田真美
石田真美
事件・裁判
記事 5