ツイッター社の買収に向け、マスク氏がさらに一歩前進。

アメリカ電気自動車大手「テスラ」のイーロン・マスクCEOが、ツイッター社の買収に向け、71億3,900万ドル、日本円でおよそ9,300億円を調達することが明らかになった。

アメリカの証券取引委員会が公表した4日付の資料によると、ソフトウエア大手「オラクル」の共同創業者ラリー・エリソン氏や、投資ファンドの「セコイア・キャピタル」などが出資するとしている。

ツイッター社は、440億ドル、日本円でおよそ5兆6,000億円で買収する契約で合意していて、マスク氏の買収実現に一歩前進した形。

こうした中、アメリカメディアは買収後、マスク氏が暫定的に数カ月間、ツイッター社のCEOに就任すると伝えていて、幹部人事にも注目が集まっている。