土を掘るような動きをする、4頭のクマ。

真ん中が親グマで、周りにいるのが子グマだろうか。

6日朝に撮影された映像。
北海道・札幌市南区で、親子とみられる4頭のクマが確認された。

場所は、山林と住宅地の境界にある牧場。

散歩をしていた男性が目撃した。

札幌市では、4月からクマの目撃情報が急増。

街では「ここ!? いや、怖いね~」、「こんなところで!? それはびっくり!」などの声が聞かれた。

閑静な住宅街での目撃が相次いだため、不安の声が出ていた。

札幌市で最近特に多い、クマの出没。

実際にどれくらい増えているのかというと、2022年に入って札幌市に寄せられたクマの目撃情報は25件。

2021年の同じ時期には9件、2020年は8件だったため、2022年は例年のおよそ3倍、クマが目撃されていることになる。

6日朝に撮影された4頭のクマは、その後、山の中に姿を消したという。

北海道文化放送
北海道文化放送
メディア
記事 1171