東京・文京区の路上で口におしぼりのような布が詰められたベトナム人とみられる女性が死亡し警視庁は事件の可能性もあるとみて捜査している。

午前2時半すぎ、文京区湯島で、20代くらいの女性が路上に倒れていて搬送先の病院で死亡した。女性は、持っていた在留カードなどからベトナム人とみられ、口の中にはおしぼりのような布が詰められていた。

取材に対して、近くの飲食店従業員は、「1時過ぎぐらいに裏手からワーと騒いでいる奇声みたいのは聞こえた」と話していた。

女性には、外傷や着衣の乱れはないという。警視庁は女性の身元の確認を急ぐとともに、死亡した状況から事件の可能性もあるとみて、現場にいたベトナム人男性から話を聞くなど捜査している。

この記事の画像(3枚)
ベトナム人とみられる女性が倒れているのが編み使った現場(午前8時半ごろ 東京・文京区)
社会部
社会部
記事 605