4月29日18時時点で、岩手県内では山沿いを中心に季節外れの雪が降っている。
さらに、30日の朝は霜が予想され、気象台は農作物の管理に注意を呼びかけている。

井上智晶アナウンサー
「午後4時を過ぎた宮古市区界です。桜が咲いているにも関わらず、季節外れの雪が降り、すでにこの時間、雪が積もり始めています」

宮古市区界の午後4時頃の気温は氷点下1度。
低気圧や寒気の影響で夕方ごろから山沿いを中心に湿った雪が降り始めた。

道の駅を訪れた人は…
「びっくりしたけどね。この薄着ですしね」
「(この時期の雪は)記憶にない。もうすぐ5月ですもんね」

平地では雪が混じるくらいとなりそうだが、山沿いでは積雪のおそれもあり、気象台は30日の朝にかけて雪による交通障害や路面の凍結に注意するよう呼びかけている。

森尾絵美里アナウンサー
「一方、あすは霜が予想されています。農家の方はどんな対策をしているんでしょうか」

盛岡市で果物を栽培するサンファームでは、2021年4月にサクランボが霜の影響を受け実がならず、売り上げが9割減少する被害を受けた。
そのため2022年は霜がおりるのを防ぐハウスを例年より少し早めに設置。さらに霜を防ぐ薬を導入した。

サンファーム 吉田聡社長
「ビニールをかけるだけで園地の中の気温がだいたい外気プラス3度ぐらいになるので、その点は少し胸をなでおろすという感じ」

ほかにも様々な果物の花が開花する時期だが、特に今影響を受けやすい「リンゴ」に対して県は30日、低温や霜に注意するよう呼びかけている。

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ
メディア
記事 564