北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船が遭難した事故。28日も観光船の社長が家族の説明会に出席したが、家族の怒りや不信感はさらに高まっている。

献花台の前で手を合わせる知床遊覧船・桂田精一社長
献花台の前で手を合わせる知床遊覧船・桂田精一社長
この記事の画像(10枚)

献花台に姿を見せた社長

4月28日正午すぎ、知床遊覧船の桂田精一社長が、発見された乗客の遺体が安置されている施設を訪れた。桂田社長は、黒のスーツに黒のネクタイ、フェイスシールドを着用し、献花台の前で深く一礼。約10秒間頭を下げた後、手を合わせた。その後、献花台に花を手向けることなく、無言のまま施設を後にした。

北海道の知床半島沖で「KAZU I(カズワン)」が消息を絶って6日目。なぜ、このタイミングで献花台に足を運んだのか。どうやらこの直前まで行われていた家族説明会で、献花に行くべきだと迫られたようだ。

斜里町・馬場隆町長:
(家族から)「亡くなられた方に心から謝りなさい」と、ご遺体が安置されている所に行って手を合わせるのが本来ではないかと。

説明会では“思考停止状態”?

午前10時から行われたこの日の1回目の説明会。家族を乗せたバスが会場に着いた直後、桂田社長は報道陣を避けるように裏口から会場に入った。

説明会に出席した家族は35人ほど。家族から「納得がいかない」との声が相次いだ27日の説明会での質問への回答などが示されたとみられる。

国土交通省現地対策本部・坂巻健太本部長:
何となく噛み合わない感じがみてとれる。提出された資料等がご家族の希望していた、求めていたものと大幅に違っていたので、やり直しという感じですね。

関係者によると、説明会では家族が「質問の意味が分かって答えてますか」などと社長を問い詰める場面があったという。そうした声に終始「はい、はい、わかっています」としどろもどろな回答を繰り返したという桂田社長。その様子は“思考停止状態”に見えたという。怒りや不信感を募らせる家族からは「表情を見せたらどうか」との声も上がり、社長はその後フェイスシールドをつけていた。

「土下座はポーズ」家族から厳しい声

27日、2度の土下座で始まった謝罪会見は、約2時間半後、3度目の土下座で終わった。

知床遊覧船・桂田精一社長(27日の会見):
海が荒れるようであれば、引き返す“条件付き運航”ということを(船長の)豊田氏と打ち合わせ、当時の出航を決定いたしました。

知床遊覧船・桂田精一社長(27日の会見):
天気図は読めます。自然現象なので、天気図が常に正確にあるわけではないんですよ。

――“条件付き運航”を引き返す明確な基準は?
知床遊覧船・桂田精一社長(27日の会見):
船長判断なのでございません。具体的にはないですね。

――船長さんに責任を押し付けているのでは?
知床遊覧船・桂田精一社長(27日の会見):
いや、責任を押し付けてるということじゃなくてですね。ちょっと頼り過ぎていたというところです。

この会見について、犠牲になった橳島優さん(34)の両親は「あれ(土下座)じゃポーズ。成り行き上というか『土下座して謝れ』って言われたら、それせざるを得ないでしょう。社長の顔もテレビでここに来てから初めて見ました」と話した。桂田社長は、27日の会見前に出席した説明会でも家族に土下座をしたという。

また、知床遊覧船の元従業員からは、社長が「天気図は読める」と発言したことについて疑問の声が上がった。

元従業員:
当時俺らがいる頃から「なんで(船が)出られないの」と言うぐらいだから。当時は(天気図が)見られないのは間違いない。

“条件付き運航”は「ありえない」

桂田社長は会見で、海が荒れた場合には引き返す“条件付き運航”だったと繰り返し、引き返した場合の返金表を示して説明した。

しかし、斉藤鉄夫国交相は28日午前の会見で、「“条件付き(運航)”ということはありえないものだと私は考えております」と発言。安全管理規定のルール上、「荒れる恐れがある場合は出港できない」として、「条件付き運航という考え方はない」と批判した。

さらに、羅臼で29日から観光船の営業を始める業者も「条件付き運航はありえない」と話す。

ゴジラ岩観光・長内慎二船長:
マニュアルがあるのでそれを徹底して、だからその“条件付き”っていうのはありえないです。僕たちにとってみれば。(船が)出られるか、出られないか、その2つです。

現地では28日も天候が回復せず、2日連続で漁船による捜索は中止となった。残る15人の発見に向け、海上保安部などは24時間体制での捜索を続けている。

午後4時過ぎ、記者が桂田社長を直撃した。

記者:
桂田社長、あれで説明責任を果たせたと言えますか?社長、逃げも隠れもしないって言ったじゃないですか?
桂田社長:
会見があるから急いでいるんですよ!

午後5時からは28日2回目の家族説明会が行われた。28日は、午後4時半ごろに自衛隊が知床半島の東側の羅臼沖で2人を発見。そしてOA後の午後6時すぎには1人が発見されたという。

(「イット!」4月28日放送分)