Live
プライムニュース『自民・茂木×立憲・泉 与野第一党の安保憲法 後半戦展望▽田﨑史郎』【ライブ】

日本語学校“3年ぶり”対面での入学式 コロナ禍乗り越え新生活 14の国と地域から【岡山・岡山市】

コロナ禍を乗り越えて日本での新生活がスタートします。岡山市の日本語学校で、4月28日、3年ぶりに対面での入学式が行われ、世界14の国と地域からの留学生、約70人が式に臨みました。

入学式が行われたのは岡山市北区の日本語学校、岡山外語学院で、対面での実施は、3年ぶりです。

新型コロナの水際対策で、2020年から外国人留学生の入国が制限されていましたが、2022年3月から制限が緩和されたため、学院にも留学生が続々到着。そして、28日、世界14の国と地域からやってきた約70人が式に臨みました。

(岡山外語学院 鷹家秀史校長)
「ここにいるすべての学生を歓迎します。よくいらっしゃいました。毎日岡山外語学院で勉強してください」

入学式は、コロナ禍前は、同時通訳を入れて進行していましたが、28日は感染防止対策として4つの言語を字幕で表示して行われました。

(2年越しで入学したスリランカ人留学生)
「2年間母国で仕事をしながら、日本に来られるチャンスを待っていた」
(アメリカ人留学生)
「ここに来るまで長い時間かかった。きょうはみんな胸いっぱいだと思う」

学院には、まだ入学を予定している留学生が約110人いるということで、5月以降、2回目、3回目の入学式を行い歓迎したいとしています。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1111
岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×