スポーツクライミングに興味を持ってもらおうと、23日多久市でイベントが開かれ、元日本代表選手などがゲストで参加しました。

このイベントはスポーツクライミングに興味を持ってもらおうと、日本山岳・スポーツクライミング協会などが開いたもので、東京オリンピックで銅メダルを獲得した元日本代表の野口啓代さんのほか、多久市出身の樋口純裕さん、樋口結花さんがゲストで参加しました。
イベントには県内外から、小・中・高校生約60人が参加。
午前中は、スポーツクライミング未経験者を対象とした体験会が開かれました。

【参加した男の子】
「登って、登ってとするのが楽しい」
【参加した女の子】
「持つ場所が決まっていて、そこを持ってゴールまで行くのが楽しかった」

【スポーツクライミング元日本代表 野口啓代さん】
「クライミングは飽きがこないというか、限界がない。本当にいくつになっても、どのレベルになっても成長し続けることができるので、それが最大の魅力」

体験会の参加者は登る時の体の動かし方に悪戦苦闘しつつも、指導を受けながら初めてのスポーツクライミングを楽しんでいました。

サガテレビ
サガテレビ
メディア
記事 387