北海道知床半島沖で観光船が遭難した事故で、これまでに3歳の女の子を含む11人の死亡が確認された。行方不明の乗客の中には、観光船でプロポーズを計画していた男性もいた。

3歳女児死亡、両親ら15人の捜索続く

北海道の知床半島沖で、乗客乗員26人を乗せた観光船が消息を絶って3日目。4月15日午後4時すぎ、北海道斜里町のウトロ漁港に、朝から捜索活動を行っていた地元の漁師たちの船が戻ってきた。

捜索に出ていた人:
10時間出ていたかな。早く見つかるといいなと思うけど、捜す範囲にも限界がある。できる限りはやります。

この記事の画像(16枚)

今回事故を起こした「KAZUⅠ(カズワン)」には、北海道だけでなく東京、大阪、福岡などから訪れた乗客24人が乗っていた。

これまでに男性7人と女性4人、合わせて11人が発見されたが、3歳の女の子を含む全員の死亡が確認されている。

23日午前10時ごろ、観光船「KAZU 1」は斜里町のウトロ漁港を出発。北東へ約40km離れた知床岬に向かい、約3時間で往復する予定だった。しかし、午後1時すぎ。

「船首が浸水している。カシュニの滝のすぐそば。救助を頼む」

観光客に人気のカシュニの滝付近で救助を要請。その後、「船首が30度傾いている」という連絡を最後に消息を絶った。

町によると、24日午後9時すぎには3歳の女の子が意識不明の状態で救助されたが、死亡が確認された。女の子が発見されたのは、カシュニの滝から直線距離で約28km離れた知床岬の沖合。女の子の両親は見つかっていないという。

船上プロポーズのカップルも 父親悲痛

ウトロ漁港のある斜里町では25日、行方不明者らの家族に向けた説明会が開かれた。

第1管区海上保安本部 警備救難部 横内伸明次長:
夜も含めて捜索をしているという形で説明させていただいて。感謝の意を述べられる方もいらっしゃいました。

今も15人の行方がわからない中、息子が船に乗っていたという男性に話を聞くことができた。

息子が観光船に乗っていたという男性:
息子が船に…つらいけど、乗っていてまだ上がっていないんですよ。昨日からこうやってぐるぐる回って捜しているけれど、どうしようもないんだけれど、いたたまれなくて。

男性の息子は交際女性の誕生日サプライズとして、観光先でのプロポーズを計画していたという。

息子が観光船に乗っていたという男性:
(息子は)彼女にも黙ってここに来て、サプライズを兼ねて誕生日をお祝いをしてやろうと、本人が考えて。観光船に乗せてということを考えたときに、その中で遭った事故なので。悔しくてね

地元の漁師によると、現場の海域は北に向かって潮が流れているため、行方不明者は北方領土の方にまで流されている可能性もあるという。

「寒かった」乗客語る2年前のツアー

船に乗り、オホーツク海から世界自然遺産・知床の雄大な眺めを楽しめる人気のツアーで起きた今回の事故。これは2020年9月、東京都内に住む女性が参加した知床遊覧船ツアーの様子だ。

上田紗織さん:
ヒグマが見られるっていうのは、なかなか遊覧船に乗りながらはないので、貴重な体験だったと思います。(3時間は)あっという間でしたね。片道がその観光で、あとは一気に帰っちゃう。

大人1人のツアー料金は8800円。この時乗ったのは、同じ運航会社の「KAZU Ⅲ(カズスリー)」という別の船だったという。

上田紗織さん:
やっぱり寒かったですね。私たちは室内にいたので、救命胴衣は着けずに観覧していました。本当に小さな船だったし、(乗客)24人が脱出するのは、結構入り口も狭いから難しかったと思います。その状況を想像すると、本当に胸が痛みます。

助言聞かず高波でも出港…船体に亀裂か

なぜ事故は起きたのか。当時、海は3mほどの波があり、波浪注意報なども出ていた。別の観光船の乗員は危険を察知し、警告を発したという。

別の観光船の乗員:
僕は止めました。どんどん海上が悪くなるから「(出港は)やめた方がいいぞ」と。(船長は)「はい」とは言ってたけど、そのまま。

事故を起こした「KAZUⅠ」の船首部分には、小さな亀裂があったという証言もある。

別の観光船の乗員:
3月の24日、25日かな、俺が見たのは。それ以前から(船に)傷があった。(亀裂から)水が出ていましたからね。

乗員の男性は「俺が見たのはこれくらい」と指で示し、亀裂の大きさは10cmほどだったと話した。

また、別の会社の乗組員によると「KAZUⅠの亀裂は完全に修理されていなかったようだ」との話も出ている。

午前11時、ウトロ漁港に停泊中の「KAZUⅢ」に国交省の職員が入り、調査を行った。「安全規定」と書かれたファイルを見るなど、船内での調査は20分ほどに渡って行われた。

船会社は去年も2回事故 説明会で乗客家族から怒号

事故を起こした知床遊覧船「KAZUⅠ」の乗組員は、船長の豊田徳幸さんと甲板員の曽山聖さんの2人。

船長の豊田さんは埼玉県出身。自身のフェイスブックで知人に「北海道での仕事は大丈夫ですか?」と聞かれ、「ブラック企業で右往左往です」と答えていた。

関係者によると、知床遊覧船では2021年3月までにスタッフ5人が会社を辞めたという。大量離職後にルートを変更し、岸に近づけすぎたり、定置網の近くを通ったりする危険な運行が目撃されていた。

今回事故を起こし「KAZUⅠ」は2021年5月、浮遊物に衝突する事故を起こしていた。さらに、その翌月にも座礁事故を起こし、豊田船長は業務上過失往来危険の容疑で書類送検されていた。

こうした事態を受け、国土交通省は「KAZUⅠ」を運航する知床遊覧船への監査を実施。会社側は指導内容に基づく改善報告書を提出した。

国交省は、去年の一連の事故対応は完結しているとしている。

果たして、安全運行の基準は守られていたのか。乗客の家族からは憤りの声も聞かれた。

息子が観光船に乗っていたという男性:
会社の社長さんが「申し訳ない」と謝りに来たんですけど、結局なぜこの悪天候で船を出したんだと。「私は大丈夫だ(と思った)」ということを言っていましたね。(説明会では)あまりのずさんさで、途中で退席する人もいました。もう怒号が飛び交っていますので、やはり皆さん同じ気持ちですよ。

海上保安庁は今回の事故の原因を調べるとともに、業務上過失往来危険と業務上過失致死での立件を視野に捜査を進めている。

(「イット!」4月25日放送)