大規模な災害が増加傾向にある中、災害時の速やかな看護職員の派遣などを目的とした医療救護活動に関する協定が、4月22日、岩手県と岩手県看護協会の間で結ばれた。

4月22日は、岩手県看護協会の代表が岩手県保健福祉部を訪れ協定が締結された。

協定では県の災害防災計画に基づき、災害時の看護職員の派遣要請や業務内容、経費負担や災害時に備えた体制の整備などを定め、県と連絡が取れない際には協会の判断で看護師を派遣できるとしている。

岩手県看護協会 及川吏智子会長
「災害支援ナースの位置付けを明確にして、安心して、円滑に効率的、効果的に活動できるよう締結の運びとなった」

看護協会では、これまでボランティアだった活動の位置付けが明確化し、派遣費用も県から支援が得られ活動が後押しされるとしている。

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ
メディア
記事 639