フランスの検察当局は、日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告らに国際逮捕状を発行した。

国際逮捕状が発行されたのは、自動車大手ルノーから資金を流用した疑いが持たれていたゴーン被告をはじめ、関与した疑いのある中東オマーンの自動車販売会社の関係者ら、あわせて5人。

ゴーン被告は、金融商品取引法違反などで日本で起訴されたが、保釈中だった2019年、レバノンに逃亡していた。

関係者によると、ゴーン被告の弁護士は、「司法に協力してきたにもかかわらず、逮捕状の発行は驚くべきものだ」と話している。