岡山の新たな名物が誕生です。岡山産のパクチーを使ったお酒の販売が22日から岡山県内のスーパーで始まりました。

パクチー特有の香りとジンの甘さが融合した「パクチージン」です。発売を記念して岡山市で報告会が開かれました。

岡山市のパクチー農家、植田輝義さんが苦手な人にも食べやすいよう品種改良を重ねてきたまろやかなパクチー。その味と香りを生かしたパクチージンはソムリエと共同開発したもので、岡山の新たな名物として期待が寄せられています。

(岡山市 大森雅夫市長)
「非常にまろやかなパクチーでおいしかった。そのままジンに生きている。岡山のパクチーが日本全国に、世界に広がっていくことを期待している」

(パクチー農家 植田輝義さん)
「野菜だと日持ちしなかったが、(お酒になって)様々な可能性が広がったので楽しみ」

パクチージンは、イオンスタイル岡山青江を含む県内4店舗で販売されています。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 986