2022年2月、岡山市で小学校の校長が盗撮容疑で逮捕されたことなどを受け、市教育委員会は4月20日、全ての市立学校の校長を対象に、不祥事防止の研修会を開きました。

研修会には、岡山市の全ての市立学校の校長、124人が参加しました。

精神科医で岡山大学大学院の塚本千秋教授が講師を務め、教職員の不祥事の事例や発生率を説明した上で、心理的・環境的な要因を挙げ、どのように防止していくか、具体的な対策案を示しました。

(岡山大学大学院 塚本千秋教授)
「女子トイレの環境や、子供たちが 安全に過ごせなくなるような物陰がどこにどんな風にあるか 物理的環境に目を配る」

研修会は2022年2月、岡山市の小学校の校長が盗撮容疑で逮捕されたことなどを受けて開かれました。

(参加した小学校の校長は…)
「教職員が相談しやすい環境を作ったり、環境面でしっかりケアしていかないといけない」

(岡山市教委教職員課 齋藤 靖課長)
「新しい校長を迎えたこの段階で、管理監督する校長先生にどのように教職員の人員管理をしてもらうか、しっかり研修で学んでほしいと思い実施」

市教委によりますと、今後は校長が、各学校の教職員に対し、研修や指導を行うということです。