東京ディズニーリゾートが開園35周年に

この記事の画像(9枚)

4月15日に東京ディズニーリゾートは開園から35周年を迎える。

取材で訪れた海老原優香アナウンサーも「ミッキーとプルートが私たちの目の前に来てくれました~!」と興奮気味。

アニバーサリーイヤーということもあってパレードもアトラクションもパワーアップ!なかでも期待が高まっているのは?

来園者:
「イッツ・ア・スモールワールド楽しみですね。1年間ずっと待っていたんで。」

「イッツ・ア・スモール・ワールド」がリニューアル

1983年「夢と魔法の王国」としてオープンした東京ディズニーリゾート。
ボートに乗って世界中を旅するイッツ・ア・スモール・ワールドは35年前の開園当初から続く人気アトラクションの一つだ。

その長い歴史の中で今回が初の大幅リニューアルとあって「イッツ・ア・スモール・ワールドどうなっているんだろう…」「リニューアル前から好きだったから楽しみ」などとオープン前から期待の声も聞かれた。

いったい中はどうなっているのか!?

海老原アナが、気になる旅を一足早く体験することに。

海老原アナ:
「中はどうなっているんでしょうか!ああ~! 全然今までと違う!ビビッドな雰囲気がします!」

さあ、いよいよ出発です!
すると早速リニューアルしたポイントが…。

海老原アナ:
「アナと雪の女王、エルサとオラフも踊っています!」

実は今回のリニューアルではディズニーキャラクターが初登場しているのだ!

海老原さんは何人見つけられるのだろうか?

海老原アナ:
「あそこにはラプンツェルが!」
「あそこにはアラジン!」
「ピーターパンもいます!」

ほかにもアリエルやシンデレラなど新たな仲間が加わり、華やかさはこれまで以上に!

今後もアトラクションの増設予定されるなど期待大!!

今後も新アトラクションの増設など大規模開発が予定されている東京ディズニーリゾート。
しかし入園者数はここ数年減少傾向にある。

一方で関西随一のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」では続々登場する新施設やゲスト体験型のイベントが話題を呼び、6年連続で入園者数が増加中とあって、東京ディズニーリゾートにとっても“あなどれない存在”へと進化している。

とはいえ、国内はもちろん、海外のファンの間でもディズニーは根強い人気を誇る。
海外からの来園客に話を聞いてみると「東京ディズニーランド好き~」「東京ディズニーランドに来てみたかった」といった声が多かった

「パークは永遠に完成しない」という理念をもと、常に成長を続けてきた東京ディズニーリゾート。

35周年を迎える今、大幅リニューアルで新たな船出の時を迎える。