コシのある麺に、出汁のきいたスープが絡むラーメン。実はこれ、冷凍食品のラーメンだ。

ツイッターには、「きょうはお家で冷凍ラーメン」「コロナが落ち着くまでは家ラーメン部になりました」といった投稿が見られるように。
外出自粛により自宅で食事を作ることが多くなっている今、冷凍ラーメンが注目されている。

冷凍ラーメンの生産量は年々、増え続け、2019年は過去最高を記録。ネット通販はもちろん、コンビニやスーパーなどで手軽に買えることが、人気の理由のひとつだ。

また、作り方もいろいろな方法が登場し、便利で簡単に作れるように進化している。今回の「スゴ撮」は、家庭のお助け食品「冷凍ラーメン」のおいしさの秘密を調査する。

あの店の味が自宅で手軽に楽しめる

通販サイトで人気なのが、西日本を中心に14店舗を展開する徳島ラーメン「東大」の商品「ウルトラ4食スペシャル」(税別3000円)。

マイナス18℃以下の冷凍庫で、麺とスープを急速冷凍することで…

徳島ラーメン 東大 中川武穂工場長:
ご家庭でお店の味をそのまま召し上がっていただけるというのが特徴だと思っています

茹でて湯切りをした麺を器に入れ、湯せんをして温めた冷凍スープを上から注げば完成。お好みでネギや生卵をトッピングするのもオススメだ。

続いて、長崎ちゃんぽんが人気のリンガーハットでは、鍋ひとつで作れるタイプの商品を販売(「リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん」希望小売価格 税別600円)。

1日に必要な野菜の量の半分以上が摂取でき、食べ応え抜群だ。

スープ・麺・具材を3段冷凍!鍋ひとつで本格的な味

そして、いま特に注目されているタイプの冷凍ラーメンがこちら!
ゆずの風味がきいた、コクがありながらもさっぱりとした味わい。関西の有名ラーメン店「塩元帥」の塩ラーメン(税別305円 ※番組調べ)や・・・

広島県の「尾道ラーメン」(税別305円 ※番組調べ)。

さらに、濃厚な豚骨しょう油のスープに太麺が特徴の「横浜家系ラーメン」(税別305円 ※番組調べ)など、さまざまな種類がある。

パッケージを開けてみると…

井上清華アナウンサー:
なんですかこれ!麺の下になんか…スープでしょうか?

こちらは食品メーカー・キンレイの「お水がいらないシリーズ」。
スープ・麺・具材が3段になって冷凍された商品で、水を足す必要がなく、鍋にそのまま入れて加熱するだけで完成するという、超簡単・便利な冷凍ラーメンだ。

加熱時間は商品によって異なり、太麺なら8分、細麺なら6分30秒ほどで完成。しかし、冷凍されたものを鍋で加熱するだけだと加熱むらが出たり、麺が伸びてしまったりすることはないのだろうか?

味によってスープの量も調整 実際に作ってみた 

ここで、おいしくできあがる秘密をスゴ撮!
用意したのは、透明の鍋。これで尾道ラーメンが完成するまでの様子を見ていく。

加熱を開始すると、下のスープから溶けていった。これが大きなポイントのひとつだ。商品が平らになっているため、傾くことなく鍋の底と平行にスープが溶けていくのがわかる。

キンレイ 商品企画チーム 福田暢雄マネージャー:
調理した時に加熱むら、場所によって冷たいとか温かいというのが、なるべくでないように平らになるよう工夫をしています

これによって、加熱むらを防ぐという。そして、加熱から5分後…

井上清華アナウンサー:
だんだん麺がスープに沈んできました

そう、これも計算しつくされたおいしくなる秘密!

キンレイ 商品企画チーム 福田暢雄マネージャー:
スープが溶けて、その後に麺が沈んで温められることによって、麺が伸びにくく、コシのある麺になります

スープと麺を時間差で加熱することで、麺が伸びずにおいしく仕上がるのだ。

麺が沈んだら、最後に具材がスープに浸ったところで完成。調理時間は6分30秒。
失敗なく、誰が作ってもお店のような味になる尾道ラーメンのできあがりだ。

また、他にもおいしさのこだわりを発見。
キンレイの冷凍ラーメンの直径は全て同じサイズなのだが…

井上清華アナウンサー:
味によってスープの高さも違う気がします

例えば、横浜家系ラーメンは、濃厚な味わいを活かすため、1.9cmとスープの量が少なめ。

一方の塩元帥は、少し厚めの2.5cm。さっぱりとした味わいのため、麺との味のバランスを考え、スープの量を多くしているのだ。

永島優美アナウンサー:
どれもおいしそうですね~!

三宅正治アナウンサー:
買いたくなってきたなぁ

永島優美アナウンサー:
一から家でラーメンを作るとなると、なかなかお店の味を出すことはできないですものね。麺の硬さも、火加減で自分好みに調節できていいですね

みなさんもぜひ、スーパーやネット通販などで探して試してみてほしい。

(「めざましテレビ」『スゴ撮』4月21日放送分より)