4月11日の岩手県内は高気圧に覆われて強い日差しが照りつけ、さらに、フェーン現象の影響で気温が沿岸を中心に上がった。

午前11時半すぎには岩泉町小本で30.1度を観測し、全国でことし初めての真夏日を観測した。

県内の最高気温は、宮古が31度で、全国で1番の暑さとなったほか、山田で30度、釜石で30.3度と、沿岸各地で真夏日となった。
11日は全国で岩手だけが真夏日を記録した。

宮古・浄土ヶ浜を訪れた人は…
「あまりにも暑いので浄土ヶ浜に来ました」
「暑くて熱中症になると思う」

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ
メディア
記事 635