緊急事態宣言で繁華街・福岡市天神も閑散

緊急事態宣言から2度目の週末となった福岡県内。
福岡市・天神では、感染前と比べて、人出は約8割減っていることがわかった。
一方、お隣の佐賀県では、福岡の人たちが越境してあるところに出掛けているもよう。

駅構内アナウンス:
西鉄大牟田線は、新型コロナウイルスの影響で、本日(18日)は特別ダイヤで運行しています

運行ダイヤの変更により、通常より駅を利用する人は少ない印象だった。
西鉄は、4月18日から天神大牟田線で、土曜と休日に特急列車の運転を取りやめるなど、運転本数を約半分に減らした。

利用客:
かなり減っていますね

利用客:
しょうがないですよね、こういう状況なので

天神大牟田線の利用客は、先週末の11日と12日、2019年の4分の1ほどにとどまった。特に土曜日は、最も混雑する朝の時間帯でも、平均乗車率は想定の半分以下となった。
九州最大の繁華街・福岡市天神も、行き交う人は少なく、閑散としていた。
NTTドコモによると、携帯電話の位置情報などをもとに推計したデータで、感染前と比べて、19日午後3時は77.7%人出が減っていることがわかった。

隣接する佐賀県のパチンコ店に異変 目立つ県外ナンバー

そんな中、異変が起きているのがパチンコ店。
福岡県のお隣、佐賀・唐津市のパチンコ店の駐車場には、佐賀県以外の県外ナンバーの車が目立った。

福岡市内から車で約40分。
福岡県に隣接する佐賀・唐津市にあるパチンコ店の駐車場には、福岡ナンバーの車が目立つ。数えたところ、約3分の1が福岡県内のナンバーだった。

唐津市民:
福岡とか佐賀市内とかから来てるとか、だから県外ナンバーは嫌がられてるって

唐津市民:
ちょっと怖いですよね

佐賀県の山口祥義知事も苦言を呈する。

佐賀県 山口祥義知事:
パチンコ店の駐車場を見ると、福岡ナンバーの車がむしろ増えているのではないかという気がする

福岡県内に緊急事態宣言が出されたのは、4月13日。
それ以降、福岡県内のパチンコ店が営業を自粛したため、利用客が県境を越えて流れ込んでいるという。

ほかにも唐津市の観光名所、虹の松原などにも福岡から訪れた人の姿が…

訪れた福岡県民:
人の少ない釣り場に行こうかなと思って。やっぱり、みんな地方に逃げているんじゃないですか?

訪れた福岡県民:
(福岡は店が)開いてないのもあるけど、人が多い。ここだったら外だから

商店街ではテイクアウトを中心に買い物客の姿も

一方、福岡市早良区の商店街でも…

飲食店:
焼き鳥10本いただきました

テイクアウトの飲食店を中心に、買い物客の姿が見られた。

たこ焼き店:
(人出は)逆に少し戻って来ている。(天気が)暖かい雰囲気で、ちょっと出てみようかなという感じかな

中には、レジの前に列ができる店も。

街の人:
(店が開いていないから)もう近場で。必要最小限のものを買いに八百屋に来るだけ

この店では、いわゆる「3密」を避けるため、頭を悩ましている。

青果店の店主:
(レジ待ちの)間隔を空けろと言われていたから、空けていた。そうしたら割り込む。空いていると思って。それでお客さん同士がけんかになったりするので、もういいやと思って。自分の身は自分で守ってと

今は、レジのある台や買い物かごをこまめにアルコール消毒するなどの対策を取っている。

九州で感染者数が突出している福岡。感染を広げない意識が必要のようだ。

(テレビ西日本)