「第7波の入口」2週間後には1日1000人感染も…岡山県医師会 ワクチン接種呼びかけ【岡山】

岡山県医師会も4月8日会見し、現在の感染状況について「第7波の入口ではないか」と危機感を示し、改めてワクチン接種を呼びかけました。

(岡山県医師会 松山正春会長)
「もう第7波の入口じゃないかなと思っている」

岡山県医師会の松山正春会長はこのように述べ、1日の新規感染者が1000人に近いような状況が2週間程度でやってくるのではないかと危機感を示しました。

そのうえで、50代以下の人の3回目のワクチン接種が進んでいない現状を指摘し、積極的な接種を呼びかけました。

(岡山県医師会 松山正春会長)
「3回目のワクチン接種が進めば、オミクロン株を追い詰めることができるんじゃないか。私たちにできることは、ワクチンに頼るしかない」

一方で5歳から11歳の子供のワクチン接種についても、接種を呼びかけたうえで、本人と家族でよく検討し、不安なことがあればかかりつけ医に相談してほしいと話しました。

岡山放送
岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 1111
岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×