長野県松本市で起きた犬虐待事件。警察は元犬販売業者社長・百瀬耕二被告(61)を動物愛護法違反の殺傷の疑いで書類送検しました。

警察によりますと百瀬被告は、獣医師資格を持っていないにもかかわらず、犬に対して麻酔をせずに腹を切開した疑いです。

この事件では、百瀬被告は犬452匹を虐待した罪で現在公判中ですが、公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」が、より罪が重い動物愛護法違反の殺傷などでの起訴を求めていました。

長野放送
長野放送
記事 648