エプソングループのエプソンダイレクト株式会社(本社:長野県塩尻市、社長:一杉卓志)は、Windows 10 IoT Enterprise LTSC(Windows Embedded OS)を搭載した10.1型タブレット『Endeavor JT50』を発売し、オンラインショッピングサイト( https://shop.epson.jp/ )とコールセンター[ご購入相談およびご注文窓口](電話0120-545-101<通話料無料>)を通じて4月5日より受注を開始しました。

『Endeavor JT50』は、店舗のPOSレジや受付・発券端末、バックヤードでのデータ入力まで幅広くご利用いただけるニーズに応えた新設計タブレットです。
Windows 10 IoT Enterprise LTSC(Windows Embedded OS)を標準搭載。組み込み用途など特定の業務での利用に適しています。

・充実のスペックと仕様
『Endeavor JT50』はElkhart Lake世代のCPUと最大8GBのメモリーを搭載でき、M.2 SSDのストレージは512GBまで選択可能。
モバイル用途のための「バッテリーあり」はもちろん、
組み込みでお使いのお客様から要望が高かった「バッテリーなし」も選択でき、据え置き使用時の利便性が向上しました。

・便利な各種オプションをご用意
『Endeavor JT50』に「マルチジャケット」を装着することで、VESA対応の自立スタンドや壁掛け金具への取り付けが可能になります。
店舗のPOSレジや受付・発券端末、壁面への取り付けなど、固定・据え置き用途での使用におすすめです。
また、オプションの「ハンドホルダー」や「ショルダーベルト」の装着により可搬性が向上し、在庫管理や訪問業務での使用時など、
安定して持ち運べるため活用範囲が広がります。

製品情報はこちら
https://shop.epson.jp/pc/tablet/jt50/

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ
PR TIMES TVトップへ
PR TIMES
PR TIMES
記事 45005
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。