新年度最初の県の部局長会議で阿部知事は「コロナを克服し、活力ある長野県を目指す」と述べました。

新型コロナ対策で年度初めの式も兼ねた部局長会議。阿部知事は「県民基点で考えることで県民から信頼され、期待に応えられるようにしてほしい」と訓示しました。

長野県・阿部守一知事:
「御開帳や御柱祭など大きな行事がある年。コロナを克服して活力ある長野県を目指す」

そして、新型コロナ感染者の療養体制確保や事業者支援などを切れ目なく行う一方、当初予算の段階で123億円の財源不足が生じているとして、厳正かつ適切に予算を執行する方針を確認しました。