卒業シーズンのいま、中学・高校の入学準備に追われている家庭も多いのではないでしょうか。出費がかさむこの時期これまでになかった制服のリユース市場が盛り上がりを見せています。

 書店かと思いきや、店内の奥にはずらりと並ぶ学生服。ここは一体?

 さくらや札幌店 種田 明夏 オーナー:「古本屋なんですが、学生服のリユースもやってます」

 あの学校、この学校、いろんな制服が勢ぞろい。欲しい学生服がこんなにお得です。

 札幌・中央区にあるこちらの古本屋。主に絵本を中心とした品揃えですが店の奥には多くの学生服がおいてあります。

 さくらや札幌店 種田 明夏 オーナー:「豊平区、清田区など各区の中学・高校の制服を取り扱っています」

 2021年6月、古本屋の中に誕生した学制服の"リユース"コーナー。

 卒業して着なくなった学制服を買い取って販売。札幌市内の中学と高校の制服、約1000着を取り揃えています。

 さくらや札幌店 種田 明夏 オーナー:「客のお母さんたちとの会話の中で、制服にはお金がかかると知って。安く提供できれば喜ぶ人たちがいっぱいいると思い始めました」

 新品なら上下セットで6万円ほどするというブレザー。気になる値段は?

 さくらや札幌店 種田 明夏 オーナー:「2200円です。高いものでも8800円。とても安いと思います」

 上下セットで高いものでも1万5000円以下でおさまるといいます。

 この春入学する高校の制服を求めに親子がやってきました。

 あいにく欲しいサイズはありませんでしたが、リユースにしようと思ったのには"ある理由"が。

 制服を買いに来た人は:「いまコロナ禍でジャージー登校が多いんです。中学校もほとんど制服着なかったんで」

 一方、こちらは子ども2人の学制服を売りに来た母親です。

 制服を売りに来た人は:「(制服を)ごみ袋に入れるのがすごく嫌だったんです」

 さくらや札幌店 種田 明夏 オーナー:「思い出もたくさんあると思うのでちゃんと次の方にバトンタッチします」

 手放す人も、買い取る側も、中古学生服に対する思いは一緒です。

 さくらや札幌店 種田 明夏 オーナー:「物を大切に長く使ってほしい。誰かに着てもらうのはすごく良いことだと思う」

 札幌では馴染みの薄い学生服のリユースですが、北海道内では古くから根付いている地域もあります。

 帯広市にある学生服リユースの店です。

 ぎゃくし 瘧師 博一 社長:「中学生をメインに制服のレンタルをしています」

 2003年から中古学生服のレンタルをしていて、十勝管内の中学と高校の制服 約6000着を用意しています。

 人気は12か月のレンタルで料金は1万1990円から。

 長く続いているのには地域ならではの理由がありました。

 ぎゃくし 瘧師 博一 社長:「十勝はジャージー登校の文化があるんです。始業式や終業式など年10回程度しか制服を着ません」

 この春入学する中学生の利用は約500件にものぼります。

 店を訪れたこちらの親子は?

 レンタルしに来た親子は:「中学校の時もここで借りたから高校でも借りることにしました。入学式しか使わないので1か月間だけ借ります」

 財布にも優しくエコな学生服のリユース。上手に活用してみてはいかがでしょうか。