地元で就職する魅力を伝える漫画を、岩手・八幡平市商工会青年部が制作し、市内の中学生に贈った。

3月25日は贈呈式が開かれ、八幡平市商工会青年部から市内の西根中学校に漫画10冊が贈られた。

漫画「Little Bee of Hachimantai」では、中学生の主人公を通して、市内の企業12社の事業内容や地元で就職する魅力が44ページにわたり紹介されている。

地元での就職を促進する事業として、商工会青年部が市の補助金を受け製作し、3月完成した。
早速、漫画に目を通した生徒たちの感想は…

西根中学校 生徒会長 松尾奏太 さん(14)
「私がまだ知らない八幡平市の魅力が細かく描かれていて、素晴らしいと思います」

西根中学校 生徒会 田村友芽 さん(14)
「私の同級生でも八幡平市で働きたいとか、気になっている人もいるので、「こんな本もあるよ」とかそういうので広げていきたいです」

式に出席した商工会青年部の3人も漫画の登場人物として市内の仕事を紹介している。

八幡平市商工会 青年部 上野康平 部長
「地域の魅力・仕事、すべてを再発見して頂いて、将来自分が大人になった時に八幡平市に戻ってきたいなと思える、そういう目的でこの本を作成しました」

漫画は市内4つの中学校に10冊ずつ贈られ、商工会青年部は生徒にアンケートを依頼し、今後の活動に活かすことにしている。

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ
メディア
記事 624