AI×人間ドックでどう変わる?

人間ドックを受けると、自分ではわからないような身体の本当の健康状態をチェックできますね。

それだけでも、その後病気にかからないように気を付ける動機付けにはなりますが、そこにAIを組み合わせ将来の病気を予測してくれるシステムがあるそうです。

生活習慣で改善すべきポイントも教えてくれるので、普通の人間ドックを受けた時よりも意識的に行動できそうです。

今後は、AIが医師をとってかわる未来もあり得るのでしょうか?

【記事】"AI×人間ドック"で将来の病気を予測! その精度は何と90%!!

予測するって英語でなんて言うの?

【AIx人間ドック】で将来の病気を予測!その精度は何と90%
AI in complete medical checkup predicts future disease. Its accuracy is 90%!


【解説】
ここでは「予測する」と言う表現に、
predict (~を予測・予言する) を使用します。
研究やデータなどの根拠をもとに予想するときに使います。

同じ意味で、
forecast (予想・予測する)も使えます。
weather forecast (天気予報)も、専門機関が出す科学的データを基に降水確率などを予想しています。

それぞれの名詞を使って、
make a prediction
make a forecast
(予測する)のようにも表現できます。

同じ「予測する」でも、
estimate (数量などを大まかに見積もる・推定する) や
calculate (結果などを判断する・予測する)、
expect (予期する) など、文脈によって色々な表現ができます。

人間ドック前だけ摂生していませんか?

【例文】
不摂生ばかりしている自分の将来の病気を予測するのは、かえって怖くもある。
Neglecting my health a lot, I’m scared to predict my future disease risk.


90%もの確率で予測されたらもう逃げられませんよね。

それでは次回も、let's English!

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第74回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る