長野県松本市の動物病院は、スタッフの看護師が「新型コロナウイルス」に感染していることを公表し、4月末まで臨時休業するとしています。

松本市の「石川犬猫病院」によりますと、この看護師は、13日に県が感染を確認した松本保健所管内の30代女性とみられるということです。県は10日、松本保健所管内で感染が判明した50代男性が30代女性の勤務先を訪問していたことを発表しています。

病院によりますと、看護師は3日から10日まで出勤(8.9は休日)していました。発熱などの症状はなかったということですが、保健所から連絡がを受け、看護師を11日から自宅待機させたということです。

また、スタッフ全員のPCR検査を行い、「陰性」だったことが確認されたということです。

病院は、「来院者や市民の安心・安全を考え公表した」と話しています

4月末まで休診とし、院内を消毒した上で5月より再開する予定です。