長野県内では、きのう16日、新たに6人が「新型コロナウイルス」に感染したことがわかり、感染者は45人になりました。小中学生の感染も初めて確認されました。

感染が確認されたのは、諏訪保健所管内で3人。木曽保健所管内で2人、伊那保健所管内で1人となっています。

諏訪保健所管内では、男子中学生とその祖父の70代男性の感染が判明しました。中学生は5日と6日に感染がわかった40代の夫婦の子どもです。すでに70代の祖母も感染がわかっています。もう1人は、50代男性会社員で、8日と10日に感染が判明した2人の同僚です。

木曽保健所管内では、都内在住で1日に帰省した30代女性と、10歳未満の小学生の息子です。60代の祖父はおととい感染が確認されました。木祖村によりますと、男子児童は10日まで木祖小学校に通っていました。現時点で他の児童や教職員に発熱などの症状は出ていないということです。

また、伊那保健所管内では、50代女性会社員の感染がわかりました。12日、女性の同僚の感染が確認されています。

県によりますと、6人全員がこれまでに判明している感染者の家族や同僚だということです。

県内の感染者は累計で45人となりました。(4人退院)