12日朝、俳優の梅宮辰夫さん(81)の容体が急変。
病院に緊急搬送されたが、帰らぬ人となった。
 
81歳だった。
 
慢性腎不全のため、81年の生涯に幕を閉じた、俳優の梅宮辰夫さん。
 
神奈川・真鶴町の自宅で、11日も普段通り過ごしていたが、12日午前4時すぎ、容体が急変。
 
妻のクラウディアさんが付き添い、病院に救急搬送されたが、12日午前7時40分、息を引き取った。
 
35年来の友人で、梅宮さんを「アンちゃん」と呼んでいた和田アキ子さんは、「あの頃いつも遊んでくれた新伍ちゃんも力也もアンちゃんも、みんな亡くなっちゃって...。心からご冥福をお祈り申し上げます」とコメントした。
 
梅宮さんは1959年、映画でデビュー。
 
映画「仁義なき戦い」シリーズなどでコワモテのやくざ、「不良番長」シリーズでは頼れる兄貴を演じ、一躍スターとなった。
 
美食家としても知られ、自身も料理の腕前を披露。
 
バラエティー番組にも多数出演し、お茶の間でも人気を博した。
 
その一方で、梅宮さんは6度のがんと闘ってきた。
 
2012年には初期の胃がんが見つかり、2016年7月には十二指腸乳頭部がんの摘出手術を行った。
 
2018年9月には、前立腺がんの手術。
 
2019年1月は、左腎盂尿管がんの手術で腎臓を摘出、人工透析を受けるようになっていた。
 
梅宮さんは、自身の最期について、「ダメな病気のときは、延命措置は絶対に取り組んでくれるなと、女房には言ってるんですよ。みんなに迷惑かけたくない。子どもにも家族にもね」と話していた。
 
家族を思いやっていた梅宮さん。
最後は家族の呼びかけにも反応せず、意識を失ったまま、息を引き取った。
 
通夜や葬儀は、近親者のみで執り行うという。