G7(主要7カ国)の首脳が16日夜、テレビ会議を開き、新型コロナウイルスを教訓に、感染症の予防体制の強化が重要だとの認識で一致した。

3月16日に続いて2回目となるテレビ会議で、安倍首相は「世界全体の感染症予防体制の強化が重要だ」と述べ、各国首脳の支持を得た。

また、各国首脳は、アフリカなど医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な国への支援の必要性を確認したほか、収束後、経済活動を安定的に再開するための準備が重要だとの認識で一致した。

また、安倍首相は、治療薬として期待されている「アビガン」の臨床研究を拡大すると強調した。