大の車好きで知られるZOZOの創業者・前澤友作さん(44)が、8日、YouTubeで新しいスーパーカーの購入を報告。

前澤さん「すっげぇ、宇宙船だね」

1年に20~30台しか製造することができないというスーパーカー、「ジェスコ」のお値段は、3億8,000万円オーバー。

もしや、この買い物は剛力彩芽さん(27)と破局した“やけ買い”かと思いきや...。

前澤さん「少年のころ「ミニカー」とか並べたじゃん。それが大人になっただけ」(YouTubeより)

ユーチューバーとしての初投稿が「1,000億円を通帳に記帳してみた」と大注目となったばかりだが、今回の動画もそれに匹敵するインパクト。

少年のような顔で4億円近いスーパーカーに喜ぶ前澤さんは、これまで、123億円で落札したバスキアの絵画を展覧会で公開するなど、“多くの人と楽しむこと”を実践してきた。

前澤さん「(車を)ただただ自分用に保管して乗るのはもったいない、いっぱいあるから。小さいお子さんに触ってもらったり、実際に乗ってもらって、車の素晴らしさを体感してもらう」

こうした活動に、ネット上では「不景気しか知らない若者に夢を与えてくれる」、「みんなと楽しもうとお金を出すところがすごい」などと、うらやましいの感情以上に、一般の金銭感覚を超越した“前澤イズム”に圧倒されているようだった。