3回目 “大規模”接種スタート 29日までに岡大で約4000人【岡山・岡山市】

新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種について、岡山市の岡山大学で、3月15日から、学生や職員などを対象にした大規模接種が始まりました。

大規模接種が始まったのは、岡山市北区の岡山大学津島キャンパスです。

学生や職員などが対象で、初日は約530人が予約し、4レーンに分かれて接種が行われました。

使用されるのはモデルナ製のワクチンで、大学では3月29日までに約4000人の接種を予定しています。

(接種した学生は…)
「大学なので受けやすい」
「ワクチン接種も大切だし、広げないように、マスクや手洗いなどもしていきたい」

(岡山大学ワクチン接種プロジェクト 那須保友チームリーダー)
「学生が意思を持って受けてもらいたいという啓発を行っている。次の第7波という事も言われている。ここでしっかりワクチンを打って、公衆衛生上も大変重要だと考えているので、しっかり対応していきたい」

岡山県内の18歳以上の3回目のワクチン接種率は、13日時点で33.31パーセントとなっています。

岡山大学は、4月11日から構内に接種会場を常設し、ワクチン接種を加速させたいとしています。

岡山放送
岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 1111
岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×