ガソリン9週連続値上がり さらに追い打ちも 今後どうなる?専門家に聞く【岡山・香川】

ガソリン9週連続値上がり さらに追い打ちも 今後どうなる?専門家に聞く【岡山・香川】

価格の高騰が止まりません。

3月9日、岡山・香川のガソリンの平均価格が発表されました。ウクライナ情勢などが影を落とす中、今後の価格の見通しを専門家に聞きました。

密を避けるコロナ禍でマイカーを使う機会が増え、家計への影響がより大きくなっているガソリン価格。9日に発表された最新の平均価格は岡山で169円、香川で173.9円といずれも先週から2.3円の大幅な値上がりとなりました。

値上がりを抑えるため、政府は石油の元売り会社に補助金を出して対応していますが、歯止めはかかっていません。

高止まりの理由について、専門家は…

(ニッセイ基礎研究所 上野剛志上席エコノミスト)
「最大の理由はウクライナ情勢の緊迫化によってガソリンの原料である原油価格が上昇したこと」

2022年に入ってから全国平均は9週連続で値上がりし、岡山・香川も同じ傾向となっています。

値上がりが止まらない中、9日、追い打ちをかけるようなニュースも…。

(アメリカ・バイデン大統領)
「きょうロシア経済の大動脈をターゲットにしたことを発表する。ロシアの石油、ガス、エネルギーの輸入を全面禁止する」

アメリカのバイデン大統領はロシア産の原油などの輸入を禁止するほか、ロシアのエネルギー産業への投資も禁止すると発表。イギリス政府もロシアの原油の輸入を段階的に削減するなどと、アメリカに追随しました。

(ニッセイ基礎研究所 上野剛志上席エコノミスト)
「ウクライナ情勢は沈静化の兆しも見えないのでやはりさらに原油価格・ガソリン価格が上がるリスクが高まっている。ガソリンを使って生活をしている人にとって負担感がさらに強まるのではないか」

先の見えないウクライナ情勢。生活への影響はさらに拡大しそうです。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1091
岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 香川県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×