ニュースのキーワードをコンパクトにひもとく、「3分ではてな」。

2日のテーマは、「“新”国立競技場」。

2016年、更地だった場所に徐々にその姿を現し、ついに着工から、およそ3年の月日を経て、11月30日、新しい国立競技場が完成した。

この完成をもって、“新国立競技場”ではなく、“国立競技場”という名称になった。

整備費は、1,569億円。

地上5階から地下2階、座席はおよそ6万席あり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる。

木材を前面に出したデザインは、建築家・隈研吾さんによるもの。

「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトを基に、自然との調和を意識したデザインが随所にちりばめられている。

屋根の重さは、2万トン。

屋根の一部はガラスで作られていて、競技場の天然芝に、効率よく日光が当たるように計算されて配慮されている。

特徴的なひさしは、47都道府県の木材が集められている。

スギの木と沖縄県の琉球松が使われているが、北側には北海道のもの、そして南には沖縄の木材が使われるなど、方角に応じて、スタジアムに配置されている。

トラックは、東京オリンピック用に開発されたイタリアのモンド社製のもので、高反発のため、記録が期待されるだけではなく、アスリートの疲労を軽減するような設計にもなっている。

もちろん猛暑対策も行われている。

「気流創出ファン」というものが、スタジアム内に185台あり、観客席全体に風を届けることができ、競技場全体で空気を循環させて、体感温度を低くすることができる。

観客席にも配慮されていて、実際色を見ると、1色だけではなく、茶色、黄緑など5色で、モザイク状に配置されている。

地面に近い方が茶色などで、空に近くなると、薄い色になっている。

これはなぜかというと、色をまだらにしたことで、万が一、空席があるような試合でも人がいるように見える。

空席が目立たない設計になっているという。