バーチャル恐竜博物館は、3次元デジタルデータを活用したオンライン講座の実施などを通じ、恐竜化石を通じた博物館の国際交流について進めてきました。今年度事業のまとめとして、シンポジウムを2022年2月19日(土) 13:00より、群馬県立自然史博物館から配信いたしました。

見逃し配信はこちらから
https://virtual-dino-museum-channel.jp

■オンラインシンポジウムのプログラム
第一部:3次元デジタルデータを活用したオンライン講座(一般の方向け)
 第一部では、バーチャル恐竜博物館の3次元デジタルデータを活用したオンライン講座を行いました。
 これまでのオンライン講座と同じように、一般の方やお子様も楽しめる内容となっております。

●国交50周年を迎えるモンゴルとの恐竜研究
小林快次(北海道大学総合博物館)

●3次元デジタルデータとともに海生哺乳類の進化をたどる
木村敏之(群馬県立自然史博物館)

第二部:「博物館等の国際交流の促進」事業成果報告
 第二部では、これまで開催してきたオンライン講座や3次元デジタルデータを活用して博物館の国際交流に関して報告いたしました。
 どなたでも視聴は可能ですが、主に博物館等関係者向けの内容となっております。

●基調講演「スミソニアン博物館における三次元デジタルデータ戦略について」
ヴィンセント・ロッシ氏(スミソニアン協会デジタイゼーション プログラム オフィス)

●事例報告
「化石と旅する世界 中国と日本をつなぐ」
髙桒祐司(群馬県立自然史博物館)
ビデオメッセージ:シン・リーター准教授(中国地質大学(北京))

「化石と旅する世界 モンゴルと日本をつなぐ」
小林快次(北海道大学総合博物館)

「モンゴルとのオンライン授業に関して」
櫻井和彦(むかわ町穂別博物館)
ビデオメッセージ:ヒシグシャフ・ツォクトバートル博士(モンゴル国科学アカデミー古生物学研究所)

「化石と旅する世界 カナダと日本をつなぐ」
大橋智之(北九州市立自然史・歴史博物館)
ビデオメッセージ:ドナルド・ヘンダーソン博士(ロイヤル・ティレル古生物学博物館)

●特別講演「三次元デジタルデータの著作権に関して」
数藤雅彦(五常総合法律事務所)

●特別講演「バーチャル展示の可能性」
栗原祐司(京都国立博物館 副館長)

関連するプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000094284.html

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ
PR TIMES TVトップへ
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。