"5~11歳"子どものワクチン接種スタート…市内120の医療機関で約10万5000人対象 札幌市

 3月4日から北海道札幌市で、5歳から11歳の子どものワクチン接種が始まりました。約10万5000人が対象となります。

 札幌市中央区のクリニックでは、11歳以下の予約を1日10人まで受け付けています。

 4日は、朝から子どもたちが付き添いの保護者と訪れ、問診を受けたあとワクチンの接種を受けました。

 医師:「もう終わりました」

 ワクチン接種した小学1年:「ぜんぜん痛くない。怖くなかったです」

 ワクチン接種した小学2年:「思ったより痛くなかったです」

 小学生の娘が接種 保護者:「学級閉鎖でけっこう休みがあった。(コロナ感染が)怖い、早く打ちたいと言っていた。すごく安心です」

 子どものワクチンは、12歳以上と比べて濃度が薄く分量は3分の1で、3週間の間隔を空けて2回接種します。

 札幌市では、小児科など120の医療機関で子どもの接種がおこなわれています。

北海道文化放送
北海道文化放送
メディア
記事 1041
北海道のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×