3月1日からさまざまなものが値上げされました。すでにガソリンなどが高騰していますが、電気、ガス料金も…。標準家庭で1カ月で電気は292円、ガスは263円値上げされます。食品では大手メーカーのマヨネーズ、ヤマサ醤油、昭和産業のキャノーラ油やサラダ油が値上げ、ハム、ソーセージ、加工食品、麺類も値上げしました。そして、長野県民、特に飯山市民に愛されている「サバ缶」も。新型コロナで消費マインドが落ち込む中、今回の値上げでさらに悪化することも予想されます。

2月28日、飯山市―。

Q「サバ缶が値上げされます…」

飯山市民:
「サバ缶まで上がっちゃうんですね」
「それはもう、死活問題じゃないですか」

飯山市民がショックを受ける「サバ缶」の値上げ。大手のマルハニチロと日本水産は、今月から3%から20%ほど値上げしました。

北信濃ではタケノコ汁のシーズンに消費が伸びます。その中でも飯山市は全国トップクラスの消費量と言われ、各家庭にストックがあり「サバ缶」を使ったレシピがあります。

NBSが過去取材した時も「サバ缶カレー」に「サバサンド」、「サバごはん」などを紹介しました。

雪深い飯山では備蓄ができ、貴重なタンパク源として重宝されてきたと考えられています。

そのサバ缶の値上げです。

飯山市民:
「なくちゃいられないし困る」

こちらは長野市のスーパーマーケット。今はサバ缶など在庫が残っている分は、値段を据え置いて販売しています。

買い物客:
「駆け込み。(家計が)少しでも助かりますから」

結局、箱買い―。

一部の野菜も値上がりしています。

玉ねぎとジャガイモです。産地である北海道の天候不順による不作が主な理由で、こちらの店では玉ねぎが例年の1.5倍、ジャガイモが例年の1.3倍となっています。

買い物客:
「ちょっときついはきつい。できるだけ無駄にしない、捨てるものを減らす、使い切る感じに」

スーパーでは白菜などの葉物野菜は例年並みとしていて、賢く生かしてほしいと話しています。

ファーム大澤屋長野店・郷原智彦副店長:
「(葉物は)これでほんとんど寒も戻らないという形でいくので、このあとは順調にでてくる。単発では安くできるかなと」

すでに高騰しているガソリン価格に加え、電気・ガス、さまざまな食品の値上げ。
長野経済研究所はコロナ禍で消費マインドが落ち込む中、さらに悪化するのではと懸念しています。

長野経済研究所・粂井裕至上席研究員:
「新型コロナの再拡大で不安感が高い状態が続いていて、さらに値上がりの影響が出てくると、不安が長引けば消費意欲の委縮につながる。新型コロナを抑えつつ前に向かっていけるような消費の動きに期待したい」

さらなる値上げの懸念も…ウクライナ危機です。

ロシアは原油、天然ガスの世界的な産出国で、制裁などが及ぶと価格が高騰する可能性があります。

また、ロシア、ウクライナは小麦やヒマワリ油の産地でもあり、さらに食品価格の値上がりも予想されます。

賃金が上がらない中での値上げラッシュ。ウクライナ危機も重なり今後の先行きは見通せません。