“予約なし”集団接種始まる 県内に住民登録がある人が対象 接種券と身分証明書が必要【岡山・岡山市】

新型コロナワクチンの3回目の接種について、岡山市は3月1日から市が運営する集団接種会場で予約なし接種を始めました。

岡山市北区の岡山高島屋で、1日から始まった集団接種、市はこれまでと同じ事前予約による接種と併せて、予約なしでの接種を始めました。

接種は岡山市民だけでなく県内に住民登録がある人が対象で、自治体から届いた3回目の接種券と身分証明書が必要です。

その日の予約の空き枠を、予約なし接種の枠に割り振る仕組みで、1日は総枠540人分に対し、36人分が予約なし接種に割り当てられ、訪れた人が接種を受けていました。

(予約なし接種を受けた人)
「きょう行けそうだったので、朝調べて来た」
「きょう、ちょうど子供の卒業式で、休みが取れたので、打ちに来られて良かった。打ちたい時に打てて良い」

(岡山市保健管理課 田中猛主査)
「予約の空き枠を活用するために、予約なし接種を行っているので、当日都合がついた人は、ぜひ予約なし接種を使って接種を進めてほしい」

岡山高島屋での集団接種は、1日から3月13日まで、3月24日から4月3日まで行われ、使用するワクチンは曜日によって変わります。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1081
岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×