岡山県公立高校の一般入試志願者数まとまる 新型コロナ感染の影響による追試日程も決定【岡山】

岡山県内の公立高校で一般入試の出願が締め切られ志願者数がまとまりました。県立全日制の平均競争倍率は、1.08倍と去年より高くなっています。

岡山県教育委員会によりますと、県立全日制50校の平均競争倍率は1.08倍で、2021年より0.05ポイント高くなりました。

競争倍率が1.5倍以上となったのは、岡山工業高校情報技術科の2.05倍を最高に7校11科となっています。

一方で、募集定員を下回ったのは28校48科で、多くの高校で定員割れとなっています。

一般入試は、3月8日と9日に行われ合格発表は、16日です。

新型コロナに感染するなどして試験を受けられなかった場合は、3月16日に追試験が行われます。また新型コロナで追試も受けられなかった生徒には3月24日に受験機会が与えられます。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1097
岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×