2月17日、北京オリンピックスピードスケート競技で、北海道幕別町出身の高木美帆選手が見事金メダルに輝き、地元からは祝福の声があがっています。

 スピードスケート女子1000メートルで、悲願だった個人初の金メダルを獲得した高木美帆選手。

 地元の幕別町では17日、オンラインでのパブリックビューイングが行われ、歓喜に包まれました。

 一夜明けても祝福の声が上がっています。

 田中 うた乃 記者:「幕別町役場では金メダルを祝福する垂れ幕が設置されました。」

 幕別町民:「感動した。とうとうやったかという感じ」

 幕別町民:「やっぱりガッツポーズですね。こっちも叫んでしまった」

 幕別町民:「今後とも活躍を期待している」

 姉の菜那選手は19日、マススタートのレースが予定されていて、金メダルを獲得した平昌オリンピックに続き連覇が期待されています。

北海道文化放送
北海道文化放送
メディア
記事 1041