ニュースのキーワードをコンパクトにひもとく、「3分ではてな」。
30日のテーマは、「インフルエンザ流行」。

まだ暑い日も多いが、2019年は、もうインフルエンザがはやり始めている。

例年、インフルエンザは、12月から3月の間にかけて流行していく。

昨シーズン流行し始めたのは12月14日、今シーズンは9月26日からというので、2カ月以上早く、しかも全国的な流行になる可能性がある。

厚生労働省のデータで見ていく。

9月22日までの1週間で、全国およそ5,000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、5,716人。

2018年の同じ時期が668人で、10倍とは言わないが、かなり増えている。

1医療機関あたりの患者数で見ても、1.16人。

流行の目安とされているのが1人だが、この1人を超えているのが、佐賀、宮崎、東京、福岡、石川など、すでに10の都県で流行している。

さらなる大流行をしているのが沖縄県で、この時期3,029人。
「警報」が出ているという、大変深刻な状況。

日本のインフルエンザは冬だと思われている。

なぜかというと、冬というのは、どうしても乾燥して粘膜がダメージを受けやすく、そうするとウイルスが粘膜に付着してしまって、インフルエンザが流行すると考えられてきた。

しかし、流行する理由は、はっきりとはわからないという。

乾燥だけではないもよう。

逆にはっきりしていることは、インフルエンザは、常に世界のどこかではやっているということ。

WHO(世界保健機関)によると、10月から3月は北半球で、冬。

そして南半球では、4月から9月にかけてはやっていて、こう見ると、年がら年中インフルエンザは循環している。

この間にあたる熱帯や亜熱帯、東南アジアのあたりは、年中インフルエンザは起こりやすく、かかり得る病気。

この背景をふまえたうえで、専門家に事情を聞いてみると、2つの可能性を指摘した。

医療ガバナンス研究所理事長で、感染症にくわしい内科医の上昌広先生。

以前は、乾燥する冬にはやると思われていた。
しかし、今は必ずしもそうではない。

そして現在、考えられる可能性は、ちょうど夏休み、海外旅行に行く人も多かった。
そして、日本にやってくる外国人の観光客も増えている。

人の往来が、とても増えていることがある。

さらに2019年、特別な事情としては、この時期、ラグビーのワールドカップが行われている。

ちょうど今インフルエンザがはやっている時期の南半球の国、オーストラリアやニュージーランドなどは強豪国のため、そういった訪日客が増えているということも1つの理由として考えられる。
そういった可能性も指摘されている。

そのため、2019年は早めから注意が必要となる。

ワクチンの接種は、10月から開始される。

ちょうど効く期間は5カ月ほどといわれているため、受験を控える方などは、早めに接種することをお勧めする。