東京都議選期間中などに無免許運転を繰り返し、道路交通法違反の罪に問われた元都議会議員の木下富美子被告(55)に対する判決公判が、午前10時から開かれた。東京地裁は、木下被告に、懲役10カ月・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した(求刑:懲役10カ月)。

起訴状などによると、木下被告は、2021年5月29日から都議選投開票日直前の7月2日にかけて、板橋区と新宿区で、合わせて7回、無免許で車を運転したとされる。7月2日の無免許運転の際、男女2人に軽傷を負わせて、そのまま逃走したとして書類送検されたが、ひき逃げ容疑については不起訴処分となった。

道交法違反の罪に問われている木下富美子・元都議(55)
この記事の画像(4枚)

1月25日に行われた初公判で木下被告は起訴内容を認めたが、法廷では無免許で車を運転して、ポスターを貼り替えるなど、選挙活動をしていたことも明らかにされた。

木下被告は、被告人質問で、「選挙のプレッシャーが大きく、結果を出すため、様々な活動を行わなければならなかった」と述べた。そして「手伝いをしてくれる方の中には、運転をできる人が少なく、自ら(運転を)するしかなかった。今思えば、なぜしてしまったのか、他の手段がなかったのか後悔しています」と反省の言葉を口にした。

また、木下被告は、2017年から21年にかけて、4年間に12回交通違反を繰り返し、4回免停にもなっていたという。検察側は「都議会議員で法令遵守をする立場で、常習的に犯行に及んだ。厳しい非難を受けるべき」として懲役10カ月を求刑。

これに対して東京地裁は、15日の判決で「交通違反に関する規範意識に問題がある。条例制定に携わる者として、法令をより遵守する立場で、その責任は重い」として懲役10カ月・執行猶予3年を言い渡した。

判決後、木下被告は記者会見を行い、「心より反省しております。判決の重みを受け止めて、二度と同じ過ちを繰り返さないよう、自ら運転は行わない」と話した。また控訴するつもりはないという。

判決後、記者会見を行う木下元都議(午前10時半ごろ 東京・霞ヶ関)

木下被告をめぐっては、都議選で当選した後に、無免許運転などが発覚。都議会で、2回に渡って辞職勧告が決議されたものの応じず、召喚状も3回出されたが、およそ4カ月間、公の場に姿を見せなかった。また、”雲隠れ”をして都議会を長期欠席していたにもかかわらず、議員報酬とボーナスが支給されていたことも分かり、都議会での議員報酬のあり方が見直されることになった。

辞職会見を行う木下元都議(2021年11月22日 都庁)
社会部
社会部

フジテレビ報道局社会部

記事 772